2013年03月29日

難しい勉強ほど一人でやっちゃだめです、と「犬に野菜って負担?」Q&A

こんにちは。

Office Guriの諸橋直子です。





「犬と野菜」のお話の続きです。







これまでの記事はこちら。





↓    ↓



■犬に野菜ってあげていいの?しかも生で?実際のところどうなのでしょうか?

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&285m2





■犬は本当に肉食動物なのでしょうか?野菜は犬に負担?のQ&A

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&285m3











「犬は雑食動物である」







「自前の消化酵素で野菜に含まれる食物繊維を分解できる動物はいない」







この2つが、「犬に野菜を与えると、腸に負担がかかるのですか?」という疑問を考える際の

キーポイントとなります。







「犬は雑食動物である」については

前回のメールでお話ししましたので今日は







「自前の消化酵素で野菜に含まれる食物繊維を分解できる動物はいない」







にフォーカスしてお話を続けていきますね。











あと、今日はこれから栄養学のちょっと突っ込んだお話しもします(笑)











普段、基礎的な講座などではなかなかここまでのお話する機会がないのですが

こうした「一歩突っ込んだお話」も頭に入れておくことで、

より○○さんご自身の「安心材料」が増えますので

まあ嫌がらずに聞いてください。



















「野菜が消化できないので、野菜を食べると犬の腸に負担がかかる」









という説の根拠として良く言われるのが

野菜に含まれている繊維質を犬は消化吸収できないじゃないか!というもの。













…。















それを言っちゃうと、人間も食物繊維はさほど消化できていません。











…。









私たちは日々、野菜を食べてすごすことが多いです。







時々は「とうもろこし」「ひじき」など、

消化しにくいものを食べては、翌日トイレで「こんにちは!」と前日食べたものと再会…。











汚い話ですがそういうことありませんか?









そういうとき、○○さんは







「うわ〜!!消化できなかった!!腸に負担がかかったー。もうだめー。

 今日は何もする気が起きないー(←ちょっと大げさですが)」









と、思われますか?















「いいえ、特に思いません。あ、出ちゃったんだな、というのがそのまんまの感想です」









セミナーで受講者の皆さんに同じ質問をすると

だいたいこのようなお声が返ってきます(笑)















それであれば、犬も同様に「ただ出ていっただけ」ですので

特に負担はかかっていないと思われます。







我が家の犬も、よく野菜は出てきますが

(ミニトマトの皮など…)

特に負担がかかっているようには見えません。













肉が多目のときでも、野菜多目のときでも

毎日変わらず元気です。

















「…確かにそういわれるとそんな気がしますけれども

 まだやっぱり不安です…」











そういう方のために、「栄養学」「動物の消化」という視点から

今からさらに掘り下げてお話ししますので

良く聞いてくださいね。













消化されない食物繊維の「繊維質」の主だったものをセルロースといいます。

これが植物の細胞壁を造る基本的な成分です。









そして実はこれ、デンプンなんかと同じ糖質で、ブドウ糖が長く繋がってできています。











「え?食物繊維ってブドウ糖からできてるんですか?

 何かイメージつきませんが…」







はい、そうなんです。







ちなみに栄養学的に見ると「糖質=炭水化物+食物繊維」







「糖質」という大きなくくりの中に「消化吸収可能な炭水化物」と

「消化できない食物繊維」とがある、ということですね。







こちらのサイトにわかりやすく「図」でまとめられていますので

ご参考にされてください。







○炭水化物・糖質

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&285m4











ここまでが「栄養学の視点」からのお話。









そして、「動物の消化」という視点からのお話を引き続きさせていただくと…。













●動物の持つ消化酵素はデンプンを分解してブドウ糖を作ります。

●逆に動物はセルロースを分解できる消化酵素を持っていません。

●草食動物の場合は、消化管内にいる細菌がセルロースを分解する酵素を持っていて消化を担っています。







(だから牛などは草をたべてエネルギーに換え、豊富に牛乳を出したり、

 おいしい肉を私たちに提供してくれています。

 繊維質を分解して、中に含まれるブドウ糖を有効活用できるんですね)











つまり、私たち人間と犬は自前の「セルロースを分解できる消化酵素」は持ち合わせていません。









一方で人間の場合も犬の場合も、腸内に住む微生物がいますから

食物中の繊維質の5%程度は分解される、というデータもあります。









つまり「エネルギーとして利用する」という視点で見ると

食物繊維はエネルギー源としてはまったく向いていないことになります。











そして分解されなかったものは?







→ 出るだけですね。







「消化されなかったものは出る」







それ以上でもそれ以下でもない、ということです。











ただ、犬の腸は確かに草食動物に比べると腸の長さも短いです

そういう意味では犬の腸は繊維を消化するように「設定」はされていないともいえます。









→そのことが「犬の野菜を食べさせてはいけない」とイコールでない





ということは、もうこのメルマガをお読みいただいている

○○さんであれば「ぴん!」と来られているのではないでしょうか?

















犬の腸内で野菜類の消化率が低いことは事実です。







でももし…。









犬の体内で消化されないということに「メリット」があるとしたら…。









○○さん、知りたいですか?











次号では、「食物繊維が犬にもたらすメリット」について

お話をしていきますね。







お楽しみにー。







本日はここまでです。











ドッグホームケアセラピスト

諸橋直子



(終)









犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
posted by Office Guri at 08:20| 犬のダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

犬は本当に肉食動物なのでしょうか?野菜は犬に負担?のQ&A

○○さん、こんにちは。

Office Guriの諸橋直子です。





ここ数日メルマガの配信はお休みさせていただいておりました。

理由は、これを作っていたからです。



↓    ↓





■Office Guriの犬の健康作りに役立つ「電子書籍ライブラリ」

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&284m1





今のところ、アロママッサージが1冊、犬を危険から守るが1冊、

食事に関することが3冊ですが

今後どんどん増やしていく予定です。









近日、こういうのも配布開始予定ですしね。

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&284m2







北海道もようやく気温が下がってきまして

私の体力も平常レベルまで持ち直しつつあります(笑)







というわけで、本日もよろしくお願いしますー。







テーマは「犬と野菜」

















前回のメルマガでこのような呼びかけをさせていただきました。







>犬は肉食動物だから、野菜なんて食べさせちゃだめ!

>肉食動物に野菜なんて食べさせたら腸に負担がかかる!」





>この中に2つほど間違いがあります。





>その2つの間違いって、○○さんは一体何だと思われますか?







これに対し、たくさんのメールをいただきましたので

ご紹介しますね。









------------------------------------------------------------------------





いつも興味深く読ませていただいております。





設問についてですが、まず「犬は肉食動物だから」というのは、

確かに元は肉食ですが現在は雑食ですし、

肉食をしていても草食動物の胃の中に残っている半消化された野菜(草)は

重要な栄養素として摂取していたので、間違っていると思います。







また、「肉食動物に野菜なんて食べさせたら腸に負担がかかる!」というのも

負担がかかるというよりも、犬は人間に比べて野菜の細胞壁である

セルロース分解酵素が少ないので、丸ごとあげたとしても栄養素を自分の栄養素として

100%分解吸収できないのではないかと思います。





グリンピースやコーンはまず丸まま出てきてしまうのではないでしょうか?

というのは私の犬の食事に対しての現在のつたない認識です。

正解、楽しみにしています。







(*注:後半のご質問については今回は省略させていただきました。

  別の回のテーマで取り上げさせていただこうと思います)







(ポンメリさん)





------------------------------------------------------------------------





今日のメルマガにあった、「犬は肉食動物だから野菜ダメ」について、

私なりに思ったことを書きます。





食育講座のときに、「肉食動物→肉しか食べちゃいけない動物、ということではない」

という話を聞いて思い浮かんだことがありました。





テレビなどの野生動物のドキュメンタリーで、

ライオンが狩りをしてシマウマとか食べてるシーンとかありますよね。

お腹のところからがつがつ食べてて、生で内臓とかもうまうま食べてると思うんです。





かりに、食べられているのがシマウマだったとして、

食べられる直前まで草はんでのほほーんとしていたら、

食べたばっかりの草が入っている胃ごとライオンは食べてるってことなのかしら?





だったら「肉食動物→肉しか食べちゃいけない動物、ということではない」は、

なんか納得と思ったしだいです。





食べている一部始終をテレビで見る限りでは、「これ草だわ、ぺっ」と

より好みして食べている風にも見えませんし。





という素人考えなので、ポイントずれまくっていると思うので、

次回配信のメルマガでしっかり勉強させていただきます!





(畠山 夕紀子さん)





------------------------------------------------------------------------



おはようございます。

いつもいい勉強をさせて頂いてます。



昨日出た諸橋さんからの宿題、私なりに考えてみました。





「犬は肉食動物なので・・」は、雑食動物でしたよね?





「腸に悪い」は、散歩中に油断していると(興奮すると尚更)雑草食べるけど、

そっちの方が繊維質硬そうで、腸に悪そうだけど…って思います。





自から雑草食べるという事は、食べても平気なんだろう。





ダメなら、本能で食べ無いか、もう食べ無いだろうし、具合が悪くなるはず。

昔飼っていたワンコなんて、ドックフード食べると逆に下痢していたし。

赤ちゃんだって、離乳食で柔らかく煮た野菜食べたりするから、柔らかく煮たら大丈夫でしょ。







という考え方です。







ゴマと生ニンジンとわかめとトウキビは姿を見せましたが、

うちは基本的に煮た野菜を与えているのですが、消化不良な事はないです、今のところ。







ところで、サツマイモやカボチャって生でも食べさせられるのですか?人間は無理ですけど。

個人的に、人間が食べられる状態なら、

ワンコも食べられる、と解釈しているのですが、ザックリ過ぎますか?



(網田 利恵さん)





------------------------------------------------------------------------





ポンメリさん、畠山さん、網田さん、ありがとうございます。

その他、非公開希望でメールくださった皆様もありがとうございました。









まず、「犬は肉食動物」という定義から。









犬は「もとは肉食の、現在は雑食性の動物」というのが私の認識です。

そして、犬もヒトも、雑食動物。







犬は人間から食べ物の残りをもらって生きて来た生き物です。

犬と人間のこうした関係は1万年〜1万5千年前からとも言われています。







人は色々なものを食べますから、そうした残りを食べて来た犬も

当然色々食べているわけです。







そうやって生き残ってきた現代の犬たちは「雑食動物」という形で

「適応」をしてきました。











これがまず、ひとつめのポイント。







2つ目のポイントとしては、





>食育講座のときに、「肉食動物→肉しか食べちゃいけない動物、ということではない」

>という話を聞いて思い浮かんだことがありました。





という、畠山さんのメールにあった通り、

肉食動物について、誤った理解が一般的にされているケースが多いことが

問題をさらにややこしくしています(笑)









肉食動物=食事に「肉が入っていなければならない動物」







なんですね。







例えば「猫」は肉食動物ですから、食事には必ず動物性の食材が入っている必要があります。







「肉」を食べる必要があることと、肉しか食べちゃだめ!は

イコールではないということですね。





完全に余談ですが

猫に手作り食を作って食べさせている飼い主さんも

世の中にはたくさんいらっしゃいます。





その方たちのレシピを拝見してると

肉や魚の他に、野菜や穀類も適度に混じっている。





「肉食」の猫なので、「肉類」の比率は高めですが

それでも肉100%で食事を作っているわけではなく

それでいて猫たちも元気に暮らしているわけです。











話を元に戻しましょう。









肉食動物というのは、ざっくり言うと

「肉」を体内でエネルギーとして使うことに優れた動物のことです。







草食動物が、草をエネルギーに換えて利用するのが得意なように、です。







そして犬は「雑食性」ですから

肉でも穀類でもあるい程度消化して、自分のエネルギーに換えることができます。















「犬は雑食動物である」についてはOKでしょうか?













さて、次のポイントは「野菜を食べると犬の腸に負担がかかるか?」ということですね。









これについては、今回メールをくださった皆さんが

様々な考えを述べてくださっています。









大事なことを1つお伝えすると、







「自前の消化酵素で野菜に含まれる食物繊維を分解できる動物はいない」





ということです。







「え??それっておかしくないですか???

 だって草食動物は食物繊維を消化してエネルギーに換えているんですよね?

 自前の消化酵素でなければ、何で消化してるんですか????」







そう思った方、手あげて(笑)







実は、↑この疑問をしっかり解決することで









「あ、そうか。犬も人間も食物繊維については共通の部分が多いのかー。

 だったら腸に負担がかかるっていうことは無さそう!」









と、納得できるようになります。









これについては、引き続き次号のメールで

詳しくお話ししますね。













ドッグホームケアセラピスト

諸橋直子



(終)









犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
posted by Office Guri at 07:11| 犬のダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

犬に野菜ってあげていいの?しかも生で?実際のところどうなのでしょうか?

こんにちは。

Office Guriの諸橋直子です。







本題に入る前にお知らせ1点です。







【ペットのための家庭でできる「東洋医学セミナー」】



予防医学として注目される「東洋医学」をご家庭で、

飼い主さんが愛犬の健康サポートに活用するための基礎知識を学んでいただけるこの講座ですが

じわりじわりとお席が埋まってきております。





東洋医学の特徴は「個別に体質を見て、不調を整えるようアプローチすること」で

一見同じ症状なのに、原因が違うとわかると対処法もまるで違う、という

非常に面白いもの。







東洋医学のベースとなっている古代中国の医学では

医者には4種類あったそうです。





「食医」

「内科医」

「外科医」

「獣医」







その中で、もっともすぐれた医師である、とされたのは

どの種類の医師だと思いますか?という話が有名です。





答えは「食医」です。







「食医」はその人のライフスタイルや体質に合わせて

最適な食事を指導する医師のこと。









古代中国にではこの「食医」が食事指導をすることで、

皇帝の健康管理をしていたそうです。









この食医は、病気を治す「内科医」「外科医」などよりも

何と身分が高かったそうです。













何故か?









「病気になってから治す」のではなく、

「病気を防ぐ」ことのほうが重要である、という考え方が

重んじられていたからです。











優れた「食医」は病気を発症すらさせない、と

歴史書には記されています。













そして、食事に関する正しい知識をもつことで

私たち一人一人が、愛犬と、私たち自身の健康を守る

「食医」のようになれたら…。









「予防」と言うものに重点を置き、

愛犬の体質やその時の状況に合わせたケアを

家庭で、飼い主さんご自身がしてあげらるとしたら…。













とても素敵なことではないでしょうか?







こうした「家庭での健康管理に活かす東洋医学」の

基礎知識を学んでいただける講座です。









ぜひご参加を!









■ペットのための家庭でできる「東洋医学セミナー」

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&282m1

































先日、実家より「ぐりへ」とキュウリを大量にいただきましたー。

暑さが続くこの季節、水を飲むことで熱中症対策につなげたいところですが

なかなか水を飲んでくれなくて…というタイプの犬には

キュウリが激しくお勧めです。







我が家ではこんな感じで食べております。





↓    ↓





■おばQ。ぐり、おばけキュウリを食す。

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&282m2











こうした動画をちょくちょく公開しているのですが







「犬に野菜って大丈夫なんですね!?」





「わんちゃんもキュウリ食べるんですね〜」







といったレスポンスを時々いただきます。









そこで今日は「犬と野菜」をテーマにお話しして行こうと思います。









何故このテーマを今回選んだかといいますと

ネット上で時々見かけるやりとりですが









「犬に●●って言う野菜を食べさせてもいいのでしょうか?」





「犬は肉食動物だから、野菜なんて食べさせちゃだめ!

 肉食動物に野菜なんて食べさせたら腸に負担がかかる!」







というようなのがありますね。









実はこの時点ですでに、いくつかの間違いがあります。







間違いというのはこのメルマガの場合、

可能な限り客観的事実やデータに基づいて情報をお届けしていますので





「いくつかの間違いがある」





と申し上げる時点で、私自身、見えない部分でそれ相応のリサーチを行った上で

申し上げているとご理解いただければ幸いです。









…。











あと、これとはちょっと違いますが、犬に野菜をあげる際には







「必ず加熱しなくてはならない!」









というような説も世の中にはあるようです。











…。









だとしたら、我が家の場合は一体どうなるんだか、という話なんですね。





↓    ↓





■おばQ。ぐり、おばけキュウリを食す。

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&282m3







生野菜ばりばり食って、元気なうんこもりもりして(←失礼します)

毎日元気で生きてるんですが…という話です。











先月開催したペット食育入門講座でも

私が普段、我が家のぐりさんに食べさせているメニューをプリントアウトして

お配りしたのですが…。









「ピーマンが生で入ってる〜」

「生だね、生!」







という”ピーマン生”に予想外に多くの方がどよめいていたのが

今でも印象的です。









「○○だって思っていたけれど、実際にはそうでもないんだな」



「もっと安心して、気軽に作ってあげて大丈夫なんだな」







そう○○さんに思っていただけるよう

今日もその「安心」のべースとなる「基礎知識」をお伝えしていきますねー。











お便り1通ご紹介します。







-------------------------------------------------------------------------





毎日メール拝見してます!!!

ありがとうございます☆

私も、消化酵素に関しては難しくて未だ頭に入りませんが(苦笑)

何度も読み返したいと思います☆







我が家のジャックラッセルの杏と、ノーリッチの美羽ですが

生肉をあげていた始めの頃はうんちが柔らかくて(下痢ぎみの時もあった)・・

大丈夫かしら?と思っておりましたが





最近は半生のお肉に、同量の野菜などを混ぜてあげるようにしたら、

良いうんちになってきました(^^)

フルーツもあげていますが、糖分が高いのであまりあげない方がよいのでしょうか?





ぐりちゃんが野菜をバリバリ食べているという事を拝見し、

細かくしたり、煮たりしないでそのままあげても良いのだー!!と分かり安心いたしました!!





我が家もゴーヤも食べますよー♪



-------------------------------------------------------------------------









みうみうさん、いつもありがとうございます。





果物についてはまた機会を改めて取り上げさせていただきますが

「犬と果物」というテーマで今年の5月頃にメルマガ上で

解説した記事がありますので、よろしければご参考になさってください。





↓    ↓





■犬と果物Q&A

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&282m4







>ぐりちゃんが野菜をバリバリ食べているという事を拝見し、

>細かくしたり、煮たりしないでそのままあげても良いのだー!!と分かり安心いたしました!!







この点について補足させていただくと、

我が家のぐりはある意味「野菜慣れ」してるんですね。







食べるの大好き大型犬!黒ラブ!ですので

キュウリは1本まんま、わっしわっし食べますし

レタスや白菜も、葉のまんま、むしゃむしゃ食べます。









これが小型犬の場合だと、ある程度小さく食べやすくカットして与える、

という配慮が当然必要になってくるでしょうし







「今まで野菜をあまり与えたことがない」







という場合は、念のため加熱した野菜を細かく刻んで、ということも必要になります。







私はこうしたご質問をセミナーなど頂く際も、必ず「安全策」として

このような「段階を踏む」ということをお勧めしています。









私たちも旅行に行って、珍しいものを食べたり

いつもと違う土地の水を飲むと、お腹の調子がおかしくなる、ということは

大いにありえますよね?







全員がそうだとは言いませんし、たいていの人は大丈夫ですが

中には「繊細は人」もいますし、たまたまちょっと体調が思わしくないときに

珍しいものを食べたり飲んだりしたら「下痢をした」なんていうのは

よくあることです。







人間の場合は、そんな風に「あー、疲れてたからね」「ちょっと調子悪かったからなあ」で

済むのですが、犬の場合は何故か







「手作り食が原因で犬がお腹を壊した!!」







と、一方的に手作り食が悪かった的な扱いをされることが

少なくありません。









まあ、犬の場合は「いや、私繊細だからさ」とか「実はご飯の前からちょっと調子悪かったんだよね〜」とは

いえませんので、必然的にそういうことになりがちです。









なので、「段階を踏んで様子を見る」という手順は大切です。





加熱した野菜ではじめに慣らしで様子を見る、

それで大丈夫そうであれば、生野菜もあげてみる。







こうした「ステップ・バイ・ステップ」な方法がお勧めです。









ここまではご理解いただけたますしょうか?









では、いよいよ核心に迫りますね(笑)







「犬は肉食動物だから、野菜なんて食べさせちゃだめ!

 肉食動物に野菜なんて食べさせたら腸に負担がかかる!」







この中に2つほど間違いがあります。







その2つの間違いって、○○さんは

一体何だと思われますか?









折角なのでちょっとお時間をとって是非考えてみてください。







本日は以上です。











ドッグホームケアセラピスト

諸橋直子



(終)









犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
posted by Office Guri at 07:33| 犬のダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。